サンヤの公式ホームページへようこそ!

常夏のトロピカルパラダイスへ

ホーム  >   サンヤ (三亜)を体験しよう!   >   サンヤ (三亜)観光   >   少数民族村

少数民族村

サンヤの魅力の1つに少数民族の存在があります。彼らは何千年もの間この島で生活してきた原住民であり、山岳地帯でのライフスタイル、文化、習慣はそのまま失われずに来ています。

 

リー(黎族)

 

1

 

海南島で一番人口が多い少数民族です。彼ら特有の文化と生活習慣を持ちます。
約3千年前に海南島に最初に落ち着いた民族で、元々居住していた中国大陸の南に位置する広西から移動して来たと言われています。
現在海南島にいるリー(黎族)は、約114万人です。
リー(黎族)の居住地は、海南島の南半分の山岳地帯と低地の両方に広がっています。
地理的要因で ha、qi、run、sai、meifu、の5つのグループに分かれており、異なった言語と民族衣装が見られます。

 

2

 

リー(黎族)の伝統工芸である錦織物の技術は、2,500年もの歴史を誇り、とても重宝されています。
その色とりどりで複雑な作りの錦織物の生地は、リー(黎族)の民族衣装作りに使用されています。

 

3

4

 

現在は、祭り、結婚式、特別な儀式で、リー(黎族)が身につけています。
リー(黎族)の、大きなお祝い行事の季節に訪れると、伝統音楽と踊りを観賞する事が出来ます。
檳榔谷と呀諾達の観光地で、彼らのパフォーマンスが行われます。
リー(黎族)の住む家は今日では非常に珍しく、屋根が藁葺きで船の形をしています。

 

ミャオ(苗)族

 

5

 

ミャオ(苗)族は、中国大陸の東南地域だけでなく、タイ、ベトナム、ラオスにも居住しており、これら3ヶ国ではモン族と呼ばれています。海南島のミャオ(苗)族は、元々明朝に広西から特派された兵隊でした。
現在の人口は、約6万人です。
元々、彼らは大陸のミャオ(苗)族と同じ民族ですが、海南島のミャオ(苗)族は、長く島で離れて暮らしているうちに大陸のミャオ(苗)族とは違う独自の言語、文化、服装を持つようになりました。
現在、ミャオ(苗)族の居住区は、主に山岳地帯の保亭と五指山です。
ミャオ(苗)族には、独自の祭り、習慣、衣装があり、特にルックスでは頭と服飾に使われているゴージャスな銀飾りが彼らの目印です。

 

ホイ(回)族

 

6

 

回族はイスラム教である事からその名で呼ばれていますが、精密には回輝人または海南回族(チャムの子孫である海南省のUtsuls)です。元々は、チャンパ王国(現在の中央ベトナム)から来たとされています。
回族は、独特の言語を使って話します。マレー語とポリネシア諸語を元に、何百年もの間中国の環境にさらされ、進化した物です。
現在、彼らは空港の近くにある、フェニックスタウンの回新村と回輝村で主に暮らしています。人口は約8,300人です。
サンヤ(三亜)の回族はイスラム教スンニ派です。彼らの宗教に沿った、ラマダンやイード(ハリラヤ・プアサ)等を祝います。

 

蛋民 (タンミン)

 

7

 

正式には少数民族ではありませんが、海南島の沿岸に点々と居住している漁業を営む水上生活者です。以前は、船を住まいとしており、陸地を一歩も踏まなかったと言われています。現在、中国南部の色んな地域に居住していますが、サンヤ(三亜)にはその中でも大きな蛋民のコミュニティがあります。彼らは水上の家や船上のレストランを営んでおり、多くの客がフェリーで訪れて賑わっています。

サンヤ (三亜)を体験しよう!